【体験談】ファスナーからシゴきあい(1)


先日、会社の部長に言われて泊まりがけのセミナーに3泊で参加しました。同僚の本田と佐藤の3人で行きました。

昼の2時に現地に着き、宿泊はそれぞれ1人部屋だった。
4時には同じセミナーに参加する人達が講堂に集まり、自己紹介や親睦を兼ねたオリエンテーションがありました。

講堂に集まったのは、21才~32才までの25人のリーマンだった。
オリエンテーションが終わり、館内のレストランで夕食を食べた。
館内は無駄に豪華な設備で、ジムやプール、図書室、温泉の大浴場、試写室などが揃っていた。
僕は同僚2人とジムで汗を流した。

二時間ほどトレーニングをして温泉に行った。
脱衣場には同じセミナーに参加する人達もいた。
その中に24歳のヤツが1人で入ってきた。ヤツは奥の方のロッカーを使用した。
ロッカーにシャツとズボンを入れ、スカイブルーのローライズボクサー姿でタバコを吸い始めた。

ヤツのローライズボクサーは、モノがクッキリと分かるほどジャストサイズで、かなりモッコリしてエロかった。僕の隣には、別のセミナーに参加しているらしい30歳前後の2人組みが温泉から上がってきた。2人はタオルを巻かずにモノがモロに見えた。1人は普通サイズで剥けていた。もう1人は少し長めのモノだったが少し細いモノだった。

僕は24歳のヤツの近くのロッカーに着替えを入れ、ヤツが脱ぐのをメールしている振りをして待った。
タバコを吸い終えたヤツは立ち上がってボクサーを脱いだ。
やはりデカい!10センチ以上はありそうなヤツのモノがダラァーンとぶら下がっていた。

ヤツは皮かむりだったが、ロッカーに鍵を掛けたあと、手で皮を剥いて堂々とタオルも巻かずに温泉に入って行った。

僕は同僚と温泉に入って、サウナに入った。
サウナには4人の人が既にいた。その中にはヤツもいた。
ヤツだけはタオルで隠さずに大股を広げてモノを見せびらかすように座っていた。


しばらくして、ヤツがサウナを出て行った。僕の斜めに座っていた1人が、「アイツのチンポ、デカいな~。勃ったらどれくらいになるのかな~」と羨ましそうに話していた。

同僚は僕に、「確かに凄いね。俺の倍はあるよ!」と言って、同僚は僕に自分のモノを見せてきた。
僕も「あんなにデカくないな~」と言って、同僚にモノを見せた。
気が付くと、サウナに残っていた6人全員がタオルを外し、モノを出してお互いのモノを比べていた。

サウナの中で6人がモノをさらけ出し、そのあともヤツのバカデカいモノの話題で盛り上がった。

僕は暑くなってサウナを出て水風呂に入った。しばらくして同僚も水風呂に来て、頭と体を洗って温泉を出た。僕たちが脱衣場に行くとヤツが缶ビールを飲みながらタバコを吸っていた。

ヤツはオレンジにネイビーのボクサーに着替えていた。
改めて見ても惚れ惚れするボクサーのモッコリ。僕達は明日からのセミナーに備えて早めにそれぞれの部屋に帰り、寝ることにした。

僕は部屋に帰り明日の準備をして寝ようとしたが眠れなかった。

時計を見ると夜の10時30分過ぎだった。僕は寝れないし、もう一度ゆっくりと温泉に入ろうと思い部屋を出た。
脱衣場には誰も居なかったが、温泉には3人のオジサンらしき人が浸かっていた。

僕はジャグジーに入り、サウナに行った。

中に入ると、なんと24歳のヤツがいた。
ヤツもまた温泉に来ていた。僕はヤツの向かいに座って汗を流していた。ヤツは相変わらず立派なモノを隠さずに座っていた。
僕はチラチラとヤツのモノを見た。

しばらくしてヤツは長い椅子に横たわって、タオルで顔の汗を拭いていた。
ヤツが横たわったせいで、僕の位置からヤツのモノが見えなくなってしまった。

僕は暑くなって汗を拭いて、もう一度ヤツの方を見ると、ヤツのモノが半勃ちになっていた。
僕の位置から見えるくらいに勃っていたので少しビックリしたが、僕は座る位置を変え、ヤツの足元あたりに座った。

すると横たわっていたヤツが起き上がり、半勃ちのモノを隠さず、汗を拭いて座った。
僕も汗を拭いて最初の位置に戻って座った。僕の目の前にはヤツのモノがバッチリ見えた。

僕は勃起してしまい、大胆にもタオルを外して、ヤツに見えるように勃起したモノをさらけ出した。
ヤツは汗を拭きながら僕のモノを見た。僕はデキルかも~と思った。

ヤツのモノは徐々に体積を増し、完全に勃起した。
明らかに巨根だった。18~20センチくらいはありそうだった。

僕は自分のモノを握りシゴいてみた。
しかしヤツはノッてこない…と思ったら、ヤツは勃起したままサウナを出てしまった。
ヤツはゲイじゃないのか?
ヤツからモノを勃たせて誘ってきたのじゃないのか?


ワケが分からないまま僕は部屋に戻った。僕はベッドの上でヤツの巨根を思い出してシコった。
そして明日からのセミナーに備えて寝ることにした。


翌朝、僕は同僚と朝食を食べ、セミナーに参加した。
初日のテーマは【職場の問題と解決策】だった。ランダムにチーム分けされて、ディベートしていく。午前はアッという間に時間が過ぎ、昼休みになった。

僕は同僚とのランチを終え、そのあと別行動で昼休みを過ごした。
中庭の階段のところにヤツが1人で座っていた。

僕はヤツの前を通り過ぎ、少し振り返るとヤツは僕の方を見ていた。
僕は軽く頷いて、ゆっくり歩いた。後ろからヤツは僕について来た。


僕が建物の端っこにあるベンチに座るとヤツも隣に座った。ヤツは「昨日、部屋に帰ってしまったんですね。楽しみたかったのに…」と言いました。
ヤツが誘ってくれていたのに、僕は勘違いをして勝手に部屋に帰ってしまった。


一通り誤解の説明をして、残りの昼休み時間をぎこちないで過ごした。
午後のセミナーに参加し、夕方5時に初日のスケジュールが終了した。
僕は同僚と夕食を終えて、宿題が出ていたので、それぞれの部屋に戻った。

僕はヤツのことが気になり、宿題をそっちのけでヤツの部屋を訪ねてみた。
ヤツは部屋でテレビを見ていたらしく、僕を部屋に招き入れてくれた。


僕は「昨日の続きしようよ!」と言った。ヤツは黙ったまま俯いていた。
僕はヤツの腰に手を回し、僕の方に引き寄せた。
ヤツの股間が膨らんでいるのがわかった。
僕はズボンの上からヤツのあのデカチンを握って、ボリューム満点の膨らみを楽しんだ。すぐにヤツも僕の股間に手を伸ばしてきた。

僕はヤツのファスナーを開け、ヤツのデカチンをボクサーから出した。僕の手でふた握り以上あるデカチンをシゴいてやった。ヤツも僕のファスナーを開け、僕のモノをシゴいた。しばらく僕達はお互いのモノをファスナーから出した状態でシゴきあった。


そしてヤツが僕のモノをフェラしてくれた。そのまま僕達はベッドに横たわって69をした。
僕はヤツのデカチンを口に頬張った。あまりのデカさに口が疲れるほどだった。


ヤツは僕のモノをフェラしながら、僕のアナルを刺激してきた。僕はさすがにこんなデカチンは受け入れるのは難しいと思って、ヤツに「こんなデカチン、入れられたこと無いから無理だよ」と伝えた。ヤツは黙ったまま、僕のモノをフェラし続けた。
僕達は服を脱ぎ、全裸になって抱き合った。
そしてお互いのモノをシゴきあって、僕達はほぼ同時に射精した。

ヤツは2人が射精した液を拭こうともせず、僕のアナルを舐めてきた。僕がヤツのデカチンに手を伸ばすと、ヤツのデカチンは既に復活していた。
僕はアナルを舐められて感じてしまい、「あぁ…そこ、気持ちいい~うぅん」と声を上げてしまった。
ヤツは舌を僕の穴に入れてきた。
僕のモノも完全に勃起してしまった。

ヤツの舌は僕の穴に出し入れを続けた。
あまりの気持ち良さに僕は「コレ、欲しい…入れて…」と言ってしまった。

しかし…コンドームが無い!我慢が出来ずに僕は「生でヤッたことある?」と聞いた。
ヤツは「無いよ。掘ったこと自体が無いから」と答えた。
僕は「僕も生で掘られたことないから…大丈夫じゃない?」と言った。


ヤツは頷いて、僕の穴を舐め続けた。
僕は四つん這いになって、ヤツに「後ろから突いて~このデカチン、欲しい」と言って、ヤツのデカチンの先を僕の穴に導いた。

ヤツはゆっくり僕の穴に入れてきた。
ヤツの亀頭が入ったあたりで既にキツい!ヤツは亀頭を出したり入れたりしてほぐしてくれた。

ヤツは少しずつデカチンを僕の穴の奥へと進入させてきた。
僕はヤツのデカチンが奥へと進むに連れて感じたことのない快感に体が震えた。

そしてヤツのデカチンが完全に根元まで入った時、僕は「突いて~そのデカチンで突いて~!」と言った。ヤツは少しずつ腰を動かし、少しずつ激しく突いてきた。
ふた握り以上あるデカチンは、腰を振るスパンが広く、僕のアナルはヒクヒクしてヤツのデカチンを締めつけた。


そして正常位になってヤツは僕の乳首を舐めながらデカチンでガンガン突いてきた。僕は声が出せないくらい興奮して、ヤツが深く突いてきた瞬間、トコロテンで大量の精子を放出した。
ヤツはピストンを続けて、正常位から側位で激しく突いてきた。


僕は射精したばかりだったが、あまりにも気持ちが良かったので、また勃起してきた。

ヤツは側位のままデカチンを僕の穴に容赦なく突き上げながら、後ろから僕のモノをシゴいてきた。ヤツが「あぁ…そろそろイキそう~」と言ったので、「僕もイキそう!」と言った。
ヤツが僕の穴の一番奥を突いてきた時…ヤツの液が注入されるのがわかった。
僕はあんな奥の位置で注入されたことが無かったので、その感覚に全身の力が抜け、僕は射精した。
ヤツは僕の穴からデカチンを抜き、僕達は精液まみれのまま抱き合った。

僕は全身の力が抜け、今まで味わったことのない満足感で睡魔に襲われ、ヤツの部屋でヤツと抱き合って朝まで寝た。

翌朝、同僚に気付かれないように自分の部屋に戻り、シャワーを浴びた。

何食わぬ顔で同僚と朝食を食べ、2日目のセミナーに参加した。講義を聞きながらも、僕の頭の中はヤツとの昨夜のエッチのことで一杯だった。
昼休みになり、僕はランチを早めに終えてヤツを探した。

ヤツは昨日と同じ中庭にいた。
僕がヤツの隣に座ると、ヤツが「行こうよ」と言って、立ち上がって歩いて行った。
僕はヤツを追いかけて行った。

ヤツは建物の裏にある小さな建物に入った。
中に入ると、パイプ椅子や長机などが積み上げられた倉庫みたいな所だった。

ヤツは僕にキスをし、僕の股間を触ってきた。
僕もヤツの股間を握った。ヤツが自分のファスナーを下ろし、あのデカチンを出した。

僕はひざまずいてヤツのデカチンをしゃぶった。
ヤツのデカチンがギンギンに勃起すると、ヤツは僕のズボンとボクサーを脱がせて僕のモノをしゃぶった。僕は気持ち良すぎてすぐにイキそうになった。


ヤツはすぐにフェラを止め、僕のアナルを舐めてきた。
ヤツの愛撫が上手くて、思わず大きなあえぎ声が出してしまった。

ヤツは「入れるよ」と言って、立った状態だったが僕の左足を持ち上げ、僕は右足だけで立たされた。
左足を持ち上げられた状態の僕のアナルにヤツのデカチンが下の方からゆっくり挿入されてきた。僕はヤツのデカチンを受け入れるだけで精一杯だったのに、ヤツがガンガン突き上げてくると、片足立ちの僕は立っていられなくなるほど気持ち良かった。

ヤツは椅子に座り、ヤツの膝の上に僕を座らせるようにして向かい合った状態でヤツのデカチンと僕の穴が合体した。僕はヤツの膝の上で自分から体を上下に動かし、ヤツのデカチンを刺激した。

時々ヤツが下から突き上げるように腰を動かした。ヤツのデカチンで強烈な突き上げられると、僕のアナルの一番奥までヤツの亀頭が届き、大きな声を上げてしまう。
そして僕は昨夜と同じようにトコロテンで射精した。


ヤツも突き上げ続け、僕の穴の中で射精した。
僕はポケットに入っていたポケットティッシュで液体を拭き、ヤツのデカチンを口で掃除してあげた。
最後にヤツが僕のアナルを口で掃除してくれた。
僕は足がガクガクしていたが午後のセミナーに参加した。

午後のセミナーが終わって、僕は同僚と夕食を食べた。

僕はヤツの部屋に行きたかったが同僚に温泉に誘われてしまい、仕方なく温泉に行った。
8時過ぎということもあり、10人以上の人達が来ていた。

ヤツのデカチンを味わったあとだったので、みんなのモノが小さく思えた。
僕は同僚を残して早めに温泉を上がった。

続く‥